アクティブ派におすすめ!ニューヨーク~フロリダ(WDW)の新婚旅行。費用はどれくらい?

旅行は観光スポットもグルメも有名どころは全て制覇したい欲張りなエグです。

夫もアクティブ派なので、夫婦での旅行は食べて移動して観光して食べて移動して、、、ととにかく動き回ります。

エグ
体力がなくて毎日へとへとなのが悩みどころ。

そんな私達が行った新婚旅行は、ニューヨークとフロリダ(ウォルト・ディズニー・ワールド)の11泊13日の旅!休みが長めに取れそうだったので、場所も2か所と欲張りました。

このニューヨークとフロリダの新婚旅行は、私達のようにのんびりではなくアクティブに過ごしたい方にすごくおすすめです!

物凄く充実した12日間だったので、おすすめポイントと気になる費用についてご紹介していきます。

こちらの記事もおすすめ!

初めてのニューヨーク旅行で有名スポット全部行って来た!おすすめしたいグルメ&観光地まとめ

スポンサーリンク

旅行先について

今回の旅行は11泊13日。ニューヨークに6泊、フロリダに5泊しました。初日は夕方にニューヨークに到着し、旅行最終日は午前中発の飛行機だった為、丸々遊べたのは10日間でした。

まずは旅行先であるニューヨークとフロリダについての簡単な概要と、私達の旅行の仕方をご紹介します。

ニューヨーク・フロリダの概要

ニューヨーク

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市、旅行で言う「ニューヨーク」は「ニューヨーク市」のことを指す場合が多いです。ニューヨーク市は、マンハッタン、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタテンアイランドの5区で構成されていて、有名な観光地はほぼマンハッタンに集約されています。

日本との時差は-13時間。日本と同じく四季があり、夏の平均最高気温は30度を越さないものの蒸し暑く、冬の平均最低気温は氷点下以下となっています。

フロリダ

アメリカ合衆国フロリダ州。よく日本でも耳にするマイアミやオーランドはフロリダ州の都市の一つで、リゾート地として有名です。

ウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)は広大な敷地内に4つのテーマパーク27のリゾートホテル、ショッピングが楽しめる商業施設まで有した世界最大のディズニーリゾートです。

日本との時差はニューヨークと同じく-13時間。フロリダの気候は亜熱帯気候で年間を通して温暖ですが、冬の最低気温が10℃を下回る日もあります。亜熱帯気候特有の雨季は5月~10月、乾季は11月~4月となり、6月~11月はハリケーンが発生しやすい時期でもあります。

旅行時期

私達は1月~2月にかけて旅行したので、ニューヨークは冬、フロリダは春~夏の気候でした。温度差が10℃~20℃あったので、それぞれの服装の準備が少し面倒でした。

ニューヨークの極寒からフロリダの初夏の陽気の順だったので、フロリダが天国かのように過ごしやすかったです(笑)

私達の旅行の仕方

私達の旅行はここに行く、あれを食べるといったテーマを持って行動することが多いです。今回の新婚旅行は3つテーマを決めて旅行してきました。

①ニューヨークの有名観光地制覇!

②WDWリゾート内施設をバランス良く周る!

③アメリカのジャンクフードを食べまくる!

エグ
ミーハーなので、毎回有名所ばかり巡ってますね。

旅行の計画に関する事前準備は2点だけです。

・行きたい場所をピックアップしリスト化しておく
・予約必須部分だけ日程を固める
予約時間以外で行きたい場所リストを可能な限りクリアしていきます。夫婦の性格上、詳細まできっちり計画を立てられない為この方法をとっていますが、効率はあまり良くないかもです。あっちいってこっちいって無駄に歩くこともしょっちゅうですが、これも旅の醍醐味と思って楽しんでいます(笑)

事前予約したもの

ニューヨーク
・ナイアガラの滝日帰りツアー
・自由の女神のクラウンチケット(王冠部分まで登れる)
・ミュージカル「オペラ座の怪人」チケット
・レストラン予約(ノーマズ、ウルフギャングステーキハウス、サラベス)※サラベスは旅行中にキャンセルしました。
・ニューヨークシティパス
フロリダ(WDW)
・WDWパークチケットとファストパス
マジックキングダム:バズライトイヤー、スペースマウンテン、ビッグサンダーマウンテン
ハリウッドスタジオ:インディジョーンズ、トイストーリーマニア、ファンタズミック
アニマルキングダム:ニモミュージカル、エベレスト、アバター
・レストラン予約(Be our guestレストラン、Tony’s Town Squareレストラン、Sci-Fi Dine-In Theaterレストラン)

行きたいところリスト(予約以外)

※結果として行けなかったところはオレンジ色にしました。
ニューヨーク
メトロポリタン美術館、自然史博物館、トップオブザロック、タイムズスクエア、エンパイアステートビル、グランドセントラル駅、セントパトリック教会、市立図書館、ハイライン、フラットアイアンビル、911メモリアルミュージアム、カーネギーホール、セントラルパーク、チェルシーマーケット、クライスラービル、国連本部
ちらっと外観だけ見に行った、という観光地もありましたが、4日間で14か所+予約の3か所有名観光地を制覇できました!
ニューヨーク夜景
ニューヨーク市内だけでもかなり観光のバリエーションが豊富で、芸術鑑賞も、高層ビルも、歴史のある建物も、夜景も全部を楽しむことができました。交通の便も良く、観光地が市内にまとまっているので、移動に時間を取られないのも良かったです。
飛行機で少し遠出するとナイアガラの滝やワシントンD.Cに行くこともできます。世界三大瀑布に行ける!?とナイアガラの滝ツアーに飛びつき、マンハッタンでは味わえない、大迫力の自然も体感してきました。色んな要素が詰まっているので、数多く様々な経験をしたい人にはぴったりの都市でした。
フロリダ(WDW)
マジックキングダム・ハリウッドスタジオ・アニマルキングダム・エプコットの4パークでアトラクション・パレード・ショー・キャラクターグリーティングをバランス良く周る、ディズニースプリングス・ボードウォークに行く
WDWラプンツェルゾーン
WDWは行くこと自体が夢だったので、リゾート内施設をバランス良く周りたいと思っていました。
アトラクションは絶対に行きたいと思っていたアバターのファストパスが取れたので、他のアトラクションは待ち時間やパレード等の時間を見つつ可能な限り制覇して行こう!という方針でした。日本のディズニーリゾートより混んでいないので、その場で気になったアトラクションやキャラクターグリーティングにサクッと入ることもでき、3日間で4パークをバランスよく巡っていきました。
1日チケット無しの日を作ったことで、WDWのショッピング施設であるディズニースプリングやボードウォーク、リゾート内の高級ホテル巡りをすることもできパーク内だけでなく、リゾート全体を楽しむことができました。
食べたい物リスト
ニューヨーク
ステーキ、パンケーキ、フライドチキン、ホットドッグ、ハンバーガー、ベーグル、ロブスターロール、パストラミサンド、ピザ、カップケーキ、ホールフーズのお惣菜、ベンダーフード、タコス
WDWの食べ物はあまり期待ができなかったので、ニューヨークのみ食べたい物リストを作っていきました。旅行前はジャンクフード食べまくるぞ!とかなり意気込んでいたのですが、2日目位で味に飽きてしまってなかなか苦戦しました(笑)途中でアジア料理を挟んで気分転換しながら12種制覇しました。ちなみに夫はなぜか1キロ痩せました(笑)
全体的にあまり新婚旅行感はなかったですが、ステーキハウスやホテルレストランで特別感のある食事はしてきました!
ピータールーガーのステーキ
スポンサーリンク

費用詳細

行きたい場所、やりたい事は沢山あるけれど、気になるのは費用面。12日間でどの項目にどれだけ費用がかかったかまとめてみました。

私達の旅の鉄則

・宿泊費、移動費は節約項目。移動時間がかかりすぎない範囲で抑える。

・食べたい物、見たい物、買いたい物は我慢しない(高価なブランド品に興味がない為)

この2点を前提に旅行を組み立てています。

※以下全て2人分の料金となります。1000円以下は四捨五入してます。


移動費・ホテル 合計:394,000円

航空券:208,000円-DELTA航空(エアトリを利用)

ホテル:174,000円(11泊)【内訳】ニューヨーク(6泊):81,000円、フロリダ(5泊):93,000円

メトロカード(ニューヨーク):7,000円

エアトレインチケット(ニューヨーク):5,000円

ツアー・チケット 合計:255,000円

ナイアガラの滝ツアー:109,000円

ミュージカルチケット:25,000円

自由の女神クルーズ:5,000円

ニューヨークシティパス:28,000円

WDWパークチケット3日分:88,000円

食費、お土産 合計:175,000円

食費:120,000円【内訳】ニューヨーク:69,000円、フロリダ:51,000円

お土産:55,000円【内訳】ニューヨーク22,000円、フロリダ:33,000円

その他 合計:9,000円

ESTA:2,000円(1人分)

SIMカード2枚:5,000円

洗濯:1,000円

音声ガイド:1,000円

総計と節約ポイント

総計:833,000円 でした。金額だけで見ると結構インパクトありますね。。

新婚旅行の日数を尋ねたところ、「7日」が24%で最も高く、次いで「8日」が20%、「6日」が17%で続く。平均は6.9日となった。

お土産代を除く2人分の旅行費用を尋ねたところ、「100万円以上」が16%で最も高く、次いで「60~70万円未満」が15%、「50~60万円未満」が14%で続く。平均は62.6万円となった。


引用:ゼクシィ結婚トレンド調査 2015

とのことなので、日数にしてはかなり抑えられた方なのかなと思っています。

節約ポイントは主に3つ。

①旅行時期を1月後半~という閑散期を狙ったので、航空券は最安値のチケットを購入することができました。夏休み期間だと航空券だけで倍以上します。

②ホテルは、ニューヨークではマンハッタンの中心部で1泊15,000円以下というかなりお手頃なビジネスホテルに宿泊しました(一応三ツ星でした)。新婚旅行っぽさはありませんが、自分たちの納得できる範囲で節約できました。

フロリダのホテルは利便性を考えて5泊ともWDWリゾート内のホテルに宿泊しました。1泊だけ約5万円のスイートに宿泊し、残りの4泊を1泊約1万円のバリュータイプの部屋にしたので、計9万円となっています。さらに節約するのであれば、全泊バリュータイプの部屋にすることで費用を抑えることはできると思います。

バリュータイプのホテル

エグ
バリュータイプのホテルも可愛い!

③食費について、ニューヨークでは朝食やランチを豪華にして夜ご飯は軽めにすることが多かったです。朝食、ランチを豪華にした分、夜はそこまでお腹が空かなかったので、ファストフードやスーパーのお惣菜で十分満足できました。ディナーに比べるとランチはお得に美味しい物が食べられるので、豪華な食事をしたいけどコストは抑えたい!という場合はレストランのランチ利用をおすすめします。

高級ステーキハウスのランチレポートはこちら→NYのピータールーガーとウルフギャングへ!予約方法とおすすめメニューをレポート

ニューヨーク・フロリダ(WDW)旅行のおすすめポイント

アクティブに動けば動くほど、いろんな物に出会えたニューヨーク~フロリダ旅行。おすすめポイントを3点にまとめました。

  1. 芸術鑑賞、ショッピング、観光スポット等、色んな要素を効率よく楽しめるニューヨーク。夜景スポットや高級レストランで特別感も出せる!
  2. フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでしっかり遊びながらもリゾート旅行気分が味わえる!
  3. 大都会、大自然、グルメ、アトラクション。2都市でTHEアメリカを全て体感できる!

せっかく長い休みが取りやすい新婚旅行。色んな所を見て、色んな物を食べて、沢山の経験をしたいアクティブ派の私達にはぴったりの旅行先でした。

スポンサーリンク