フロリダディズニーワールド(WDW)へ新婚旅行!費用を全て公開!

「フロリダのディズニーワールドってどれくらい費用がかかるの?」

「新婚旅行をできるだけ節約したいけどどうしたらいいの?」

と疑問をお持ちではないですか?

この記事を読んでいただくと、フロリダのディズニーワールド(WDW)旅行でかかる全ての費用がわかります。

私も新婚旅行でフロリダのディズニーワールドに5泊してきました!

ニューヨークとフロリダの2都市で計11泊の旅行だった為、できる限り節約しています。

実際旅行してみて更なる節約ポイントもわかったので、

・実際フロリダディズニー旅行でかかった費用

・我慢しすぎない節約方法

についてご紹介していきます。

早めに予約できれば、1人20万円くらいで十分楽しい旅行ができますよ!

スポンサーリンク

フロリダディズニー(WDW)の新婚旅行でかかった費用まとめ

シンデレラ城

フロリダディズニーワールドへの新婚旅行(5泊)でかかった旅行費用の総額は、、、

483,000円(2人分の費用)

でした!

それでは早速、何にどれだけかかかったか、費用をカテゴリごとに解説していきます。

移動費・宿泊費(5泊分)

一番出費が大きいのはフロリダへの航空券代とホテル代です。
※2人分の金額です。

合計金額:301,000円

細かい内訳を見ていきます。

1.航空券:208,000円

航空券は格安航空チケットを扱っているエアトリで購入しました。

私たちの場合、ニューヨークとフロリダを旅行したので、3つの便を予約したのですが、日本~フロリダ間の往復便であれば、さらに1~2万円安くできるはずです。

ニューヨーク~フロリダ旅行で予約した航空券

①羽田空港~【乗り継ぎ:ミネアポリス空港】~JFK空港(ニューヨーク)
②JFK空港(ニューヨーク)~オーランド空港(フロリダ)
③オーランド空港(フロリダ)~【乗り継ぎ:デトロイト】~セントレア(名古屋)

今回利用した航空会社はデルタ(DELTA)航空でした。

デルタ航空はLCCではありませんが、1人10万円で格安航空券を購入できました。

2.ホテル:93,000円(5泊分)

フロリダ旅行ではずっとディズニーワールドリゾートの中で過ごす予定だったので、利便性を第一に考え、ディズニーのオフィシャルホテルに宿泊しました。

ディズニーワールド内のホテルは価格の高い順から

・デラックスタイプ(1泊4万円~)
・モデレートタイプ(1泊2万円~)
・バリュータイプ(1泊1万円~)

に分かれています。

新婚旅行ではありましたが、パークで過ごす時間を多くしたかった為、ホテルにはこだわらずバリュータイプに宿泊しました。
(バリュータイプも十分可愛いです!)

バリュータイプの中にもスタンダードルームとスイートルームがあり、スタンダードルームの方が安く泊まれます。

5泊ともスタンダードルームが良かったのですが、2か月前の予約で満室となっている日があり、1泊だけスイートルームに泊まることに。

【1泊目】アートオブアニメーション(Disney’s Art of Animation Resort)のスイートルーム:1泊5万円

【2~5泊目】オールスタームービーズ(Disney’s All-Star Movies Resort)のスタンダードルーム:1泊1万円×4泊

バリュータイプのスタンダードルームは1泊1万円に対して、スイートルームは1泊5万円…。

エグ
値段は5倍でしたが、スイート感はとても素晴らしかったです!
アートオブアニメーション(Disney’s Art of Animation Resort)のファインディングニモファミリースイート
ニモルーム

パークチケット費用

続いてウォルトディズニーワールドでは必須のパークチケットの金額です。
※2人分の金額です。

合計金額:88,000円(3日分)

フロリダで1日中遊べるのは4日間でしたが、3日分のパークチケットを購入。

チケットの種類は「パークホッパー」と呼ばれる、パークを行き来できるチケットを選びました。

チケットはディズニーワールドの公式サイトで購入できます。

Walt Disney World Resort in Orlando, Florida

日本語でチケット購入代行してくれるミッキーネットは、割引もあり便利です。

チケットを購入した3日間で4つのパークを行き来しましたが、十分楽しめました!

残りの1日でオフィシャルホテル巡りをしたり、ショッピングモールに行ったり、パーク以外でも楽しめるのがディズニーワールドリゾートの魅力です。

関連記事フロリダ・ディズニーワールド観光!パーク以外の楽しみ方-WDWホテル巡り

食費

ホットドッグ

フロリダのディズニーワールドリゾート内での食事についてご紹介していきます。

※2人分の金額です。

合計金額:51,000円

近くにスーパー等はない為、ホテルのフードコートやパーク内のレストランで食事をすることになります。

私たちも朝食や夕食はホテルのフードコート、昼食をパーク内で食べることがほとんどでした。

参考として、私達の利用したレストランと食費をご紹介します。

場所 食べ物 値段
ホテルのフードコート<朝食> ワッフルやサンドイッチなど 毎食2000円くらい
ホテルのフードコート<夕食> ピザやホットドッグなど 毎食3000円くらい
エプコット:ロータスブロッサムカフェ 焼きそば、餃子 1,500円
ハリウッドスタジオ:サイファイ・ダインイン・シアターレストラン ハンバーガー 7,000円
マジックキングダム:ビーアワーゲストレストラン パン・フルーツ 7,000円
マジックキングダム:トニーズ・タウンスクエアレストラン パスタ・スープ 4,000円
ディズニースプリングス:エールオブサンドイッチ サンドイッチ 2,500円
ディズニースプリングス:スピリッツビル ピザ・カリフォルニアロール 5,000円

フードコートだと2000~3000円、レストランに入ると4000円~7000円といったところですね。

私たちの利用したレストランは高級レストランではなく、ファミリーレストランでしたが、ハンバーガーセットで3000円以上しました。

 

また、ディズニーボードウォーク内にあるジャズバーにも行ってみました。

入場料とドリンク代で6,000円程でピアノと歌の生演奏が楽しめます。

関連記事WDWボードウォークの穴場スポット、ピアノバー「ジェリーロール」に挑戦!

お土産・その他費用

せっかくフロリダのディズニーワールドに行くなら欠かせないお土産やその他費用についてご紹介します。
※2人分の金額です。

合計金額:43,000円

1.お土産:33,000円

ディズニーワールドには日本に売っていないディズニーグッズがいっぱい!

日本のように「お土産を配る」という習慣がない為、パーク内で見に着けられるグッズがほとんどでした。

お菓子も小分けの物が少なく、いわゆる「ばらまき土産」を探すのは困難です。

マグカップやTシャツなど、自分用のお土産を沢山買うことができました。

2.ESTA:4,000円

ESTAはアメリカに入国する際に必要な申請手続きです。1人2000円の費用がかかります。

3.SIMカード2枚:5,000円

海外用格安SIMを事前に購入していきました。

日本と同じようにスマホが使えるなんてこんなに便利なことはありません。

海外旅行の必需品です!

関連記事アメリカ(ニューヨーク、フロリダ)で使える海外旅行用格安SIM【ライカモバイル(Lycamobile)】の使い方

4.洗濯:1,000円

ニューヨークから合わせると11泊の旅行だったため、2度コインランドリーを利用しました。

一応日本から洗剤を持っていきましたが、コインランドリー内でも販売しています。

洗濯後は乾燥機にかける為、縮んで困る服だけは乾燥機に入れないように注意が必要です。

番外編:日本で旅行準備にかかったお金

英語学習:1,980円

アメリカへ旅行するのに、少しでも英語を話せるようにする為、 スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) を1ヶ月間利用しました。

旅行で必要なフレーズも勉強できて、英語「聞く」「話す」力を特化してトレーニングできるので、とってもおすすめです!

関連記事

旅行で使える英語を学べるスタディサプリENGLISH

英語を基礎力を上げたい人におすすめ!スタディサプリENGLISH

スポンサーリンク

フロリダディズニー旅行の節約方法

最後に、フロリダのディズニーワールド旅行でできる節約方法についてご紹介します。

全て節約重視で旅行をすると、窮屈になってしまいます。

こだわりのない部分を節約して、妥協できない部分にお金を回すのがおすすめです!

1.航空券の安い閑散期を狙う

一番大きな金額となってしまう航空券代を安くできればかなり節約できます。

航空券が安くなる時期は決まっており、1月~2月、ゴールデンウィーク前、シルバーウィーク後が比較的安くなります。

新婚旅行であれば長期休みが取りやすい会社も多いはずなので、閑散期を狙ってみるのがおすすめです。

そして、航空券代を安くするには、飛行機に乗る曜日も重要!

金曜日と土曜日出発の便は金額が高くなるので、日~木曜日出発の便を狙いましょう。

エアトリ なら各航空会社の最安値を探すことができます。

羽田空港(東京)~オーランド空港(フロリダ)-エアトリ

2.ホテル代を安くする

次に大きな出費となるのがホテル代です。

ディズニーのオフィシャルホテルで最も安いのが、バリュータイプのホテル。

ディズニーズ オールスター スポーツ リゾート(Disney’s All-Star Sports Resort)

ディズニーズ オールスター ミュージック リゾート(Disney’s All-Star Music Resort)

ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾート(Disney’s All-Star Movies Resort)

ディズニーズ アート オブ アニメーション リゾート(Disney’s Art of Animation Resort)

の4つのホテルがバリュータイプです。

バリュータイプのホテルには部屋の種類が2種類あり、スタンダードルームが最も安いです。

時期にもよりますが1泊1万円~2万円で宿泊可能となっており、ディズニーオフィシャルホテルでは破格の値段!

大変人気のあるホテルの為、早めに予約が必要です。

3.パークに入らない日を作る

フロリダのウォルトディズニーワールドリゾートの魅力はパークだけではありません。

リゾート内には、ディズニースプリングやボードウォークと言った商業施設や、沢山の趣向をこらしたディズニーホテルがあります。

ディズニーワールドの4つのパークは、3日間あればアトラクション、ショー、グリーティングをまんべんなく周ることができるので、パークに入らずリゾート内で過ごす時間があっても良いですね!

エグ
全てを細かく周りたい場合は3日じゃ足りないですが…
パークに入らない分、パークチケット代は節約できます。

4.食費の節約

食事については、残念ながらパーク内のご飯は期待できません。

だいたいハンバーガーかピザなので飽きますし、そもそも全然おいしくない食べ物もありました…。

レストランより安いフードコートを利用するか、日本から持ってきたカップ麺やレトルトがおすすめです。

パークで遅くまで遊んでいて、レストランが全て閉まっていた!なんてこともあるので、1食分は持ってきた方が安心ですね!

そしてアメリカで食べるカップ麺はビックリする程美味しいです笑

       

※豪華で美味しい食事を希望する場合は、ホテル内のレストランかディズニースプリング・ボードウォークなどのショッピング施設内のレストランの利用をおすすめします。

まとめ

フロリダディズニーの新婚旅行にかかった全ての費用、我慢せずできる節約方法についてご紹介しました。

費用を安く抑えたいのであれば、やはり時期が重要ですね!

私たちも2月前半に旅行できたので、かなり安く費用を抑えられました。

予算によって、何泊するか、どのタイプのホテルに泊まるかが決まってきます。

せっかくディズニーリゾートに行くのでパークで1日中過ごすのもとても楽しいですが、新婚旅行らしく高級なホテルに泊まって、のんびり過ごすのも良いですね!

パークに入らなくてもリゾート全体が素敵な雰囲気なので楽しく過ごせますよ!

新婚旅行におすすめのディズニークルーズライン
せっかく新婚旅行に行くなら、夢のディズニー・クルーズライン も候補に入れてみるのはいかがですか?
☆豪華客船でディズニーキャラクターと一緒に過ごせるプライベートパーティー付き!
☆ディズニーのプライベートアイランドにも行ける!
☆もちろんWDWのチケット付き!

スポンサーリンク