メトロポリタン美術館(THE MET)のランチ休憩にもおすすめ!ホットドッグ専門店「パパイヤキング」

こんにちは!ニューヨーク旅行ではメトロポリタン美術館に1日滞在してなんとか回り切ったエグです。

1日中美術館に滞在する場合は、ランチ休憩をどこで取るかも重要ですね。

美術館内にもレストランがありますが、どうしても付属のレストランは「高くておいしくない」イメージがあったので…。

美術館からは少し歩きますが、安くて美味しいホットドッグと、甘~いパパイヤジュースが疲れた身体に染み渡る!パパイヤキング(PAPAYA KING)をご紹介していきます。

こちらの記事もおすすめ!

初めてのニューヨーク旅行で有名スポット全部行って来た!おすすめしたいグルメ&観光地まとめ

スポンサーリンク

パパイヤキングについて

パパイヤキングは、1931年にフルーツジュースのお店としてオープンしました。

店主がドイツ系アメリカ人と結婚したことをきっかけにホットドッグの販売が始まり、創業から80年を超える老舗のホットドッグ店です。

メニュー

パパイヤキングの売りは、ホットドッグとトロピカルジュース!

ホットドッグには

「クラシックフランクス(CLASSIC  FRANKS)」というシンプルなメニュー群と、

「スペシャリティフランクス(SPECIALTY  FRANKS)」という様々なトッピングのメニュー群があります。

パパイヤキングのメニュー(英語)

スペシャリティフランクスには、パイナップルが乗ったハワイアンなホットドッグ(HULA HULA)や、パストラミが乗ったホットドッグ(UPPER EAST)など13種類もありました。

トロピカルジュースはパパイヤジュースの他にもマンゴーやレモネードなど種類豊富です。

それぞれ単品注文もできますが、コンボ(COMBO)というセットメニューもあります。

注文

店内に入るとすぐレジカウンターがあるので、メニューが決まり次第注文します。

今回は単品で

・チーズメルト(CHEESE MELT) 4$

・パパイヤジュース(Papaya) 3.5$

を注文しました。

注文後カウンターの中ですぐにホットドッグを作ってもらえます。

店内の席はカウンターのみで4席程度。ホットドッグを受け取ってから席に着きます。

パパイヤジュースとホットドッグ

ホットドッグのサイズは意外と小さめ!

カウンターに設置してあるマスタードとケチャップをかけて、いただきます。

マスタードケチャップ

ソーセージは香ばしくて、パンはふかふか!すごく美味しいです。

チーズメルトはチェダーチーズソースがたっぷりかかっているので、ほぼチーズの味でした(笑)

ただ、サイズが小さいので、飽きることなく1本食べられます。

パパイヤジュースはすごーく甘くて、1日美術館を歩き回って疲れた体に沁みる……

あっという間に飲み切ってしまいました。

 

今回はさらにこのあと夕食を食べる予定だったので、2人で1本にしました。

ランチとして利用するなら、1人2本は頼まないとお腹いっぱいにはならなそうです。

場所

住所:179 East 86th Street, New York, NY, 10028

メトロポリタン美術館からは歩いて10分程です。

注意点

メトロポリタン美術館から歩いて10分ちょっとですが、既に美術館でかなり歩いているはずなので結構遠く感じます(笑)

また、美術館でオーディオガイドを借りた場合、一度外に出る時に返さなくてはいけません。

一旦オーディオガイドを返却すると戻って来た際には再度料金がかかりますのでご注意ください。

スポンサーリンク