ニューヨークマンハッタンを街歩き 無料で見て回れる有名スポットをご紹介

こちらの記事ではニューヨークのマンハッタンでお散歩に最適なビュースポットを紹介していきます。

旅行先で観光スポットを巡りながら街歩きするのってすごく楽しいですよね!

ニューヨークの観光スポットは、マンハッタンの中に凝縮されているので、

地下鉄も使いながら短い時間で観光地を巡ることができます。

私達夫婦は有名な観光スポットをひたすら巡るスタイル。

この記事では散歩しながら無料で見て回れる、ニューヨークで有名なスポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

5番街

ニューヨークマンハッタンで一番有名な通りといったら5番街です。

高級ブランドショップが並ぶ通りとして有名ですが、教会や図書館など見どころの多い通りとなっています。

ティファニー

ニューヨークの5番街に本店があるティファニー。

観光客も多く、入りやすい雰囲気。日本人の店員さんもいました。

ティファニー

高級ブランド品にはあまり興味がなかったのですが、店内にはティファニーブルーの可愛い小物がたくさん!

ウィンドウショッピングだけでも楽しめました。

トランプタワー

トランプタワー

ティファニーの隣にはトランプタワーがあります。

入口にがっつりセキュリティーがいた為、ビビッて中には入りませんでしたが、地下1階~地上2階はショッピングモールになっているので、中にも入れるそうです。

セントパトリック大聖堂

セントパトリック大聖堂

ティファニーやトランプタワーからダウンタウン方面に歩いていくと、全米最大のカトリック教会、セントパトリック大聖堂が見えてきます。

とても大きな建物なので、なかなか写真に入りきりません。

セントパトリック教会の中

中に入ると一気に荘厳な雰囲気になります。

市立図書館

セントパトリック大聖堂からさらにダウンタウン方面に歩いていくと、博物館のような外観の建物が見えてきます。

ニューヨーク市立図書館 ニューヨーク市立図書館です。

外観も素晴らしいのですが、内装もとっても素敵です。

ニューヨーク市立図書館中

階段を上に上ると図書館の入口があります。

観光客も入れる部屋と、観光客が入れない部屋に分かれており、観光客OKの部屋では写真も撮れます。

ニューヨーク市立図書館

ちなみに、観光客お断りの部屋をちょこっと覗いたら怒られました(笑)

図書館とは思えない建物の造りで、ここで本を読んだり勉強したりするなんておしゃれ過ぎますね。

グランドセントラルターミナル

5番街からは少しはずれますが、ニューヨーク市立図書館からイースト方向に2本先の通り、グランドセントラルターミナルがあります。

グランドセントラル駅

とても大きな鉄道の駅で、鉄道利用客や観光客でにぎわっています。

駅の中心にあるインフォメーションの上には有名な時計が。

グランドセントラル駅の時計

なんとこちら、4面宝石のオパール製で、その価値11億円以上もするそう。必見です!

駅にはお店も沢山あるので、買い物もできます。

グランドセントラル駅のショップ

シャンデリアの下にはおしゃれな軽食店が。

タイムズスクエア

ニューヨークと言えばタイムズスクエア!

テレビ等で1度は見たことがある風景が広がってます。

タイムズスクエア昼

昼間も良いですが、やはり夜の方がよりニューヨーク感があっておすすめです。

タイムズスクエア

チェルシー

チェルシーマーケット

元はナビスコの工場だった場所に食べ物や雑貨のテナントが入った商業施設。

レンガ造りの建物がとてもおしゃれで写真映えするスポットが沢山あります。

チェルシーマーケット

テナントは飲食店が多く、飲食店の中で雑貨を売っていたりもするのでお土産探しにも最適な場所です。

チェルシーマーケット

ハイライン

元々高架鉄道の線路でしたが、廃線に伴い公園として整備され、散歩にも最適な歩道となっています。

ハイライン

真冬だった為緑は少なめ。枯れた草木の間を歩くのも雰囲気があります。

ハイライン

スターバックスリザーブロースタリー

最近日本にも上陸したことで話題となった「スターバックス リザーブ ロースタリー」

スターバックスの高級店です。

スターバックスリザーブ

店内には人が沢山!

スターバックスリザーブ

コーヒーをローストする大きな機械も!

タイミングが良ければ実際にローストしているところを見れます。

フラットアイアンビル

映画「スパイダーマン」のロケ地としても有名なフラットアイアンビル。

フラットアイアンビル

映画では、スパイダーマンが写真を売り込む新聞社のビルとして使用されており、ゴブリン(敵)に連れ去られる場面に大きく登場します。

街歩きの必需品

街歩きの際必ず持ち歩くのが「地図」

ガイドマップには必ず地図が付いているので、日本から持っていくのがおすすめです。

いろんな種類のガイドマップを買ってきましたが、やっぱり一番良かったのは「地球の歩き方」でした。

写真中心のガイドマップもイメージがしやすくてとても分かりやすいのですが、やはり情報量が違います。

グーグルマップで地図を見る場合は、海外用SIM必須です!
実際にニューヨークで使って良かったSIMについて紹介しています。
海外旅行用格安SIMのすすめ【Lycamobile】の使い方 in NY、フロリダ
関連記事
スポンサーリンク